スパーカブ50の実燃費しらべてみました!

目安時間:約 4分

スーパーカブといえば、エンジンの丈夫さも有名ですが、燃費がいい事でも有名です!

 

ということで、我が家にやってきたカブの実燃費がどのくらいなのか計ってみました!

通勤で使っているカブの実燃費は43キロでした。

 

まず、使用環境としては9割が通勤という状態で、距離は約5キロ程度の道のり。

 

道路事情としましては、工業団地地帯を通る片側1車線で、

工場が多いので大型トラックも多く朝の時間帯は大型トラックの列で渋滞が発生しているといった感じです。

 

また、信号も多く、ストップ&ゴーが頻繁に必要な、あまり燃費には良くない道路であります。

 

そんな環境での実燃費はリッター43キロ程度という結果になりました。

 

この結果は自分の中ではカブの中では少し燃費が悪い部類に入るのでは?

と感じています。

 

と、いうのも、先日読んだ雑誌のバックナンバーで、ノーマルのスパーカブでツーリングに行くという

記事を読んだのですが、その記事ではリッター60キロを記録していました。

 

しかし、燃費が悪い原因となる箇所を見つけたのでそれを改善すれば通勤メインでももう少し燃費がよくなるのでは、とも思っています。

 

スーパーカブの燃費が悪いと思う原因とは!

 

実はですね、先日見つけたのですが、キャブから燃料が滲んでいるのを発見したんですよねぇ。

 

垂れるほどではないのですが、キャブの繋ぎ目から滲んでいまして、これも近いうちにオーバーホールして対策したいと思っています。

 

カブは燃料タンクも小さいのでこういったチョッとの原因で燃費に凄い影響を与えてしまします。

 

あとはアイドリングが不安定なときが多々ありましたので、スロージェットなんかもつまり気味なんだと思います。

 

う~ん、ボアアップする前にキャブのおーバーホールをしたほうがよさそうです。

 

長距離走行ではリッター50キロを記録。

 

普段は待ち乗り、というか通勤メインで使っているのですが、先日の連休を利用してカブで長距離ツーリングに行って来ました。

 

神奈川県から新潟の魚沼へ。

 

そこから福島県に抜けて帰ってきたのですが、そのときの道路は幹線道路メインで、信号もすくない田舎道をメインに走ってきたのですが、その途中で給油した際にはリッター50キロを記録しました。

 

やはり、通勤&待ち乗りメインの乗り方よりは長距離の幹線道路&信号の少ない田舎道を走ると燃費に違いが出て来ますね!

 

が、タンクの容量が小さいのでこまめに給油はしておきました。

 

これも、キャブからの燃料のにじみを対策すればもう少し燃費が向上するんじゃないかなぁ~と期待しております

 

 

ではまた!

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ