カブにもオイル交換は必要です!衝撃の事実発覚!

目安時間:約 3分

どうも!

 

我が家にスーパーカブが来てから約2週間ほど経過したのですが、

先日初のオイル交換をしました!

 

サラダ油でもOK!なんていわれているスーパーカブですが、

カブもやっぱり機械なのでキチンとしたオイルの管理は必要です。

 

なのですが、先日のオイル交換で衝撃を受けたので記事にしていきます!

スーパーカブ50のオイル量は0.6リッターらしいのですが・・・

 

オイル交換をするためには古いエンジンオイルを抜かなくてはいけないので、

オイルを抜いたのですが出てきたオイルの量はなんとコップ1杯に満たないような少量でした!

 

コップ1杯分って事は約200ml程度です。

 

つまり適正値の1/3程度って事です!

 

オイルの色も真っ黒で、粘度は皆無に等しい状態でしたが、

我が家にやってきて約2週間もの間はふつーに走っておりました。

 

カブのエンジンにまつわる伝説は良く耳にしますよね?

 

・水没しても走る

・オイル交換したら水が出てきた

・エンジンオイルがなくても走る

 

だとかは自分がカブに乗り始める前から聞いていた伝説でした。

 

んで、これらの伝説を実際に試す訳にはいかないですが、

今回のオイル交換をしてみて出てきたオイルの量をみてみて、

 

「あながちただの伝説ではないのでは・・・」と思っております。

 

しかし、どんなにカブのエンジンが丈夫と言われていても、

やはりオイルが適正値入っていないのはエンジンには良くないは事実なので、

今回のオイル交換で適正な量を入れて気分もリフレッシュいたしました!

 

これで、精神的不安が1つ減ったので、また通勤で頑張ってもらいます!

 

では、また更新します!


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ